まずは節約の基本!固定費の削減から見直し

まずは節約の基本!固定費の削減から見直し

節約の基本、固定費の削減

毎月の必ず支払わなければいけないものといえば、固定費。
今回は何が固定費で何を削減できるかなど、費用について考えられればと思います。

固定費とは

固定費とは、月ごとや年単位など、決まった金額を定期的に支払っていく費用。
自動で更新されたり自動で引き落としされるなど、あまり意識せず支払っている場合も多く、節約する場合はまずここを見直す事がとても重要で、
自分も借金返済の計画を立てる際にとても重視したポイントです。

何が固定費になる?

  • ・家賃や住宅ローン
  • ・光熱費(水道・ガス・電気)
  • ・通信費
  • ・各種保険料
  • ・自動車関連費
  • ・雑誌、新聞など定期購読代
  • ・定額VODサービス、有料テレビ代
  • ・クレジットなど各種カード更新代
  • ・習い事代
  • ・その他定期購入代

・家賃や住宅ローン

毎月の家賃、または住宅ローン。ここが一番支出の多い部分といった家庭も多いはず。
見直し方法も一筋縄ではいきませんが、家賃が賃貸の場合は更新の際に家賃交渉をして少し下げてもらったという話も聞いたことがあります。
住宅ローンは金利の低いものへ借り換えして数十万円の節約になったという例もあるようです。

・光熱費(水道・ガス・電気)

光熱費は水道・ガス・電気が主に生活の中で支払う費用です。
水道の出しっぱなしを無くしたり、電気のスイッチをこまめに切ったりと地道な節約をすることも良いですが、主に電気・ガスでは契約の会社を見直し、変更するだけで同じ電気・ガスを使っているのに料金を削減できる事もあります。
特に電気代は近年の電力自由化によって安い電気代を売りにしたサービスも登場しておりますのでこの機会に見直すのもいかがでしょうか。

・通信費

通信費の主な内容としては、携帯の通話料や機種支払代金。
ネット固定回線やモバイルネット回線を利用している方も多いと思います。
携帯料金は明細をチェックしてプランを見直したり、不要なオプションを外すだけでも1,000円以上の削減になったりすることもあります。
ネット固定回線やwifiモバイルネット回線では月々安くて回線速度も速い会社に乗り換えたり、最近では格安SIMや楽天モバイルなど安さが売りのサービスもあるので、そちらに乗り換えることでお得な場合もあります。

・各種保険料

主に生命保険や医療保険など、ひさしぶりに内容を見直すと必要以上の額を掛けていたり、ライフプランに合わせて見直すことで保険料を下げることができるかもしれません。
保険料は年払いにするなど、まとめて支払うことで割安になることもあります。

・自動車関連費

自動車の費用は車購入代金のローンなどそれだけでも高額な場合もありますが、さらには駐車場を確保しなければならず、こちらの支払いも結構な金額になります。
自動車の使用頻度はどれくらいか見直し、もしそれほど多くの頻度で使用していない場合は、車を手放し、必要なときだけ利用できるカーシェアやレンタカーにするなど、
自動車税、自動車保険などの維持費は数十万円の節約になることもあります。

・雑誌、新聞など定期購読代

雑誌、新聞など金額としてはそれほど大きくはありませんが、一度申し込むと自動継続されることが多く、知らず知らずに支払いしていたなんてこともあるはず。
ほとんど読んでいない雑誌など、必要の無いものは解約して実際に読むものに絞りましょう。

・定額VODサービス、有料テレビ代

最近では何か1つはVODサービス(Netflix,Amazonプライムビデオ,hulu,dTVなど)に加入しているという家庭も多いはず。多数契約していてほとんど見ていなかったなんてサービスも出てくることも。私はたくさん入りすぎて見ていないことが多々ありました。
不要であれば解約しましょう。

・クレジットなど各種カード更新代

初年度年会費無料で作ったクレジットカードでも、次年度からは年会費がかかってしまったり、毎年更新費がかかっているカードなどなど、さほど使用していないカードを持っていたりします。年会費無料のカードへ切り替えや解約を検討しましょう。

・習い事代

知りたい講座や学びの学習代など、こちらは本当にやりたい事であれば節約するべきではない費用です。自分への投資となりいずれスキルや知識となって戻ってくるはずです。

・その他定期購入代

その他にも額は大きくなくとも、何かの会員になっていたり、定期購入サービスに加入していたり、最近ではサブスクをキーワードに定額制でサービスを展開するサブスクリプションサービスが増えておりますで、何かと月々の支出が多くなりがちです。
使用していないサービスなど、不要であれば解約しましょう。

固定費を下げるためにはどうするか

上であげた内容をチェックし、まずは契約内容の見直しから詳細を確認し必要か不要か判断しましょう。そして解約しましょう。
またはまとめて支払うと安くなる場合は月払いから年払いに変更したり、支払い方法を見直しましょう。さらに安いプランやサービスがあればそちらに乗り換えて契約変更することも必要になります。
全部を実践するのはさすがに難しいかもしれませんが、できるところはあるはずです。
固定費削減の手続きは面倒かもしれませんが、数千円から数万円など節約効果はとても大きいです。
毎月のことなので実感しやすいですし、収入は増えなくとも月々自由になる金額が増えます。この機会に見直してみてはいかがでしょうか。